ロゴ


●Harucalloway(ハルキャロウェイ)

Harucalloway presents social street clothing.
デザイナー:堀江 治喜 a.k.a. Harucalloway (Sound Cream Steppers)

1980年代オールドスクールの時代から2016年現在までストリートダンスシーンの中心で生きる男 ・・・
Harucallowayが自身のストリートセンスをアウトフィットとしてデザインし、発表してゆくブランド…それが 「Harucalloway」!
ストリートのオシャレは様々なスタイルがありますが、やはりオールドスクールスタイルは何と言ってもかっこよさの基本。



●Malefunction(メルファンクション)

male+function。気持ちが高騰する。「ノリで楽しく」を着る。ポップでカラフル。'80sのカラフルな色使い。

デザイナー:k-en

デザインの幅をより広げるために2011年に新設。
「気持ちが高騰する」 「ノリを着る」 をコンセプトに、ふざけた「FUNKY」なテイストから、
「 人生を楽しむ」 「人と人との繋がり」 「愛」 を感じられる哲学的なものなど、感情を擽られるデザインを主に制作。




●GORU(ゴル)
ストリートカルチャーをより身近に。音楽、ダンス、HIPHOPなどからインスピレーションを受けたデザイン。

デザイナー:k-en
プロのダンサーでもあるデザイナーが自身で着るため2007年に制作開始。
GORUという名称は、2000年代初頭、デザイナーの友人であるHIPHOP DJとの活動時に使用するユニット名であったが、
2007年にk-en個人のデザイン活動の名称となった。
2009年、そのコアなデザイン性に注目した業界のダンサーから「販売してほしい」 との声があがり通販を開始。
HIPHOPやストリートカルチャーに重きを置いたデザイン。
よりコアに。着る人が楽しくなれるデザインを。

▲TOPに戻る